葬儀の際に急ぎで準備すべきこと

いざ、葬儀という場面に遭遇した時、何から準備すると良いのかわからないという人がほとんどです。

しかし、葬儀の準備を知らないと慌ててしまうので、しっかりと事前に知っておく方が良いです。まず、早急に決めなくてはいけないことは遺体を安置する場所です。現在は9割以上の人が病院で最期を迎えます。そのため、通常は病院から葬儀社に迎えにきてもらうというパターンになります。その時にどこに安置するのかということを決める必要があります。一般的には自宅、斎場のどちらかなので家族で話し合っておくと依頼の際にスムーズにいきます。また、事前の準備で重要なことは会場を決めることです。

会場と言ってもたくさん種類はあり、公営と民営、セレモニーホールやお寺など宗派によっても違いますし、年配の方であれば自宅で行いたいという人も少なくありません。ただ、自宅葬は非常に人手が必要になるので、たくさんの親戚の手が必要です。家族葬などで行う場合は、どこか斎場を借りる方が負担が少なくて良いと言えますし、宗派の問題によってはお寺で行う場合もあります。

そのため、家族はどの宗派なのかということを知るのはとても大切なことなのできちんと話し合っておくと良いです。そして、どのような形を取りたいのかということも決めます。例えば、家族葬にしたいのか、しっかりと知人や友人なども呼んで大勢で行いたいのかという部分です。これは家庭によって考え方が違います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *