お葬式の料金の相場について

お葬式にはだいたいどれほどの金額がかかるかご存知でしょうか。

なるべく安く済ませたい、というのも本音ですよね。お葬式の料金形態としては主に3つの枠組みがあります。まず、葬式本体の費用です。これは一般的に思い浮かべられるお葬式を行う為にかかる料金のことで、全国平均の相場としては120万円ほどかかります。そして寺院費用です。お通夜・告別式で読経をしてくれる僧侶に渡すお布施やお車代などにかかる料金で、こちらの相場はだいたい45万円ほどです。

戒名はランクごとに料金が大きく異なるのですが、一般的な普通戒名の場合20~30万円かかります。そして最後に飲食接待費用です。こちらは参列の人数によって多少変動します。お通夜や告別式の後には会食を行うことが一般的ですので、その会食費用が1人あたり2000円~6000円ほどかかります。さらに弔問のお礼品として会葬返礼品に500円~1000円ほどかかります。

予想参列者が多いほどこれらの料金はかかるので、もし費用を最小限に抑えたいのであれば家族葬にするのがよいかもしれません。更に、忘れてしまいがちなのが、香典による収入もあるということです。香典の相場は亡くなった方との関係によっても変わるので、お葬式の際にはあらかじめどの程度の金額になるか予想できるはずです。家族葬の場合、参加者を抑えることで抑えられる費用と、香典のバランスをうまくとることが大切かもしれません。費用を抑えながらも納得のいくプランを考慮することが必要でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *