家族葬 プランごとの費用の違い

「家族葬」は家族が亡くなった際のお葬式を親族のみで行うという、こじんまりとしたお葬式です。

家族葬を選ぶ人は、故人の遺志や家族の派手に行いたくないという希望、親族以外に参列するような知り合いがいない、といった理由から、一般会葬者に気を遣わずに家族だけでゆっくり故人を偲ぶ時間を持ちたいという理由まで様々ではありますが、家族葬が増えている背景には核家族化や親戚間の付き合いの希薄化があるのではないかと思えます。年を追うごとに件数の増えている家族葬ですが、今やその形式も様々です。では、それぞれの費用はどのぐらいなのでしょうか。一般的な通夜、葬儀・告別式の形式で行い、出席者が親族のみという場合は総額(斎場、祭壇、道具一式、遺体安置費、火葬費用、霊柩車、お斎など飲食代、読経代、戒名代、香典返しなど含め)で80万円~100万円程です。

葬儀・告別式・火葬のみでお通夜は行わない場合は、総額で50~60万円程です。この金額の違いは僧侶に読経をお願いする日数が1日か2日かというところと、斎場の使用費です。また、通夜、葬儀・告別式は行わずに家でゆっくりと偲ぶ時を過ごし、火葬のみ行いたいという場合は30万円前後です。これは通夜・葬儀に対する読経が行われないためと、斎場の使用代がかからないため、この費用となります。これらは皆がするから自分もするのではなく、必要なものだけ行いたいという現代的なお葬式スタイルといえるのではないでしょうか。
市川で葬儀のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *