費用比較 家族葬と一般葬

家族葬とは参列者が親族のみで、通夜、葬儀・告別式、火葬といった一般的な流れで行われるお葬式です。

それに対して家族以外の友人・会社関係者などの知り合いが参列するものを一般葬と呼びます。一般葬の費用は参列者が100名程度ですと葬儀代、寺院へのお布施(読経、戒名)、通夜ぶるまい・精進落としなどの飲食費、引き出物代で150万~200万円ほどかかります。(地域差があります。)一方、家族葬の場合は50人以内の参列者で、一般葬と同じ内容で90万~130万円ほどです。その差は斎場が小さい部屋なので祭壇の飾りにかかる費用が抑えられるのと、人数が少ないので飲食代や引き出物の料金が抑えられる為です。

また、親族のみなので人数はほぼ確定しているため、通夜ぶるまいの飲食代や引き出物代の無駄が省けるというメリットもあります。しかし、その一方で、一般葬は祭壇飾りや飲食費はかかりますが香典収入が多いため、遺族の負担が軽減できるというメリットがあります。家族葬の場合は知り合いの多い故人の場合は後々家に弔問に訪れる人が多く、そのお相手で生活に支障をきたすということもあります。そのような故人の場合は告別式の場で一斉に対外的なお別れができる一般葬が好ましいです。お手軽だし費用が安いので家族葬にするといった選び方をするのではなく、その故人の人間関係や生活スタイルによりどういった形式が合っているのか、まずそこを考慮してどちらにするのか選ぶことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *