家族葬の費用を考える

近年では身内だけでひそやかに行う家族葬を選ばれる方が増加傾向にあります。

その理由としては、あまり費用をかけずに、身内だけで静かに通夜と告別式を済ませたい、または故人が高齢で、参列者が少ないなど様々です。また参加人数に変動が少ないために、日程が決めやすい事もメリットとして挙げられます。葬儀には参列者にふるまう飲食費などが大きくかかりますから、家族葬で参列者が少なくなれば飲食費と返礼品費が節約できますが、棺や祭壇などは通常の葬儀を同じ物を使うため、それほど格安になるとも言い切れません。実際にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。一般的な葬儀の総額平均が200万円前後なのに対し、家族葬の平均的な価格は50万円から80万円です。

しかし実際にはご遺体の搬送費用や安置料が別料金だったりとオプションが次々とかかるため、結局は100万円前後は用意しておいた方がいいでしょう。最初の基本料金だけを葬儀社に見せられて、50万円で済むと思っていたのに倍を請求されてトラブルなどというケースがあります。ちなみに密葬は家族葬とは違い、身内で行った後は別の場所で本葬が行われます。とにかく安く出来そうなイメージの家族葬ですが、参列者が少ないと言う事は香典が少ないという事も言えますし、その後の弔問客への対応もそれなりに大変です。何より金額の面だけでなく、見送る側も見送られる人も納得して最期を迎えられる葬儀の方法を話し合う事も必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *