家族葬は費用を安く抑えられる

今まで葬式は周囲の人の目を気にして、大きな会場を借りて大仰にやることが少なくありませんでした。

しかし近年はご近所との付き合いが希薄になったことや、葬式は遺族のために行うものだという考え方を持つ人が多くなり、家族葬を選び人が増えてきました。家族葬は、参列者が故人の遺族や親族、そして生前仲良かった友人だけしか招かないので、静かで穏やかな葬儀を行うことができます。一般の参列者がいないので挨拶にまわったりして気を使う必要がないので、気疲れをすることがなく、故人との最後の時間をゆっくり過ごすことができます。また、家族葬が選ばれる理由として葬儀費用を安く抑えることができます。葬儀を行う際にかかるのが、葬儀を行う会場を借りる料金と、香典返しや料理代金ですが、参列者が少ないので大きな会場を借りる必要がありません。

会場は小さいほうが料金は安くなりますから、葬儀費用を抑えることができます。また、同じように参列者が少なく、あらかじめ参列する人数を予想しやすいので、香典返しや料理を多めに用意する必要がなく、無駄になることがありません。家族葬は、宗派や宗旨を問わないので誰でも行うことができますし、さいきんは無宗教で葬儀を行う方も増えています。特定の信仰を持たない人が増えていますから、葬儀を行うときにはお経やお祈りの代わりに、故人が好きだった音楽を流して見送る形式をとっています。葬儀は形式にこだわるのではなく、気持ちが一番重要ですから、これから家族葬を利用する人は増えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *