家族葬の費用の詳しい内容について

現代は様々な価値観が見られる時代になっています。

こうした価値観は冠婚葬祭にも顕著に見られるようになっています。昔は人が亡くなると一般葬と言う方法で葬式を執り行うのが一般的でした。一般葬とは葬式に知人や友人、親族がたくさん参列し、故人を弔う葬式の方法です。しかし現代では一般葬のように多くの人に弔ってもらいたくないと考える人も増えつつあります。多くの人が葬式に参列すると、それだけ葬儀費用がかさむため少人数で葬式を執り行いたいと考える人も増えています。自分の葬式の費用を心配するのは、すなわち家族への愛情であると言えます。

少人数で葬式をすれば遺された家族に多くのお金の負担をかけることがありません。家族に迷惑をかけず、天国に旅立ちたいと考える人の増加に伴い、最近では少人数の葬式である家族葬を提案する葬儀社も増えています。家族葬は家族や親戚など極限られた近親者数名で執り行う葬式です。そのため家族葬の費用は一般葬の三分の一程度で執り行えると言われています。少人数の葬式であると、どこか寂しい感じがするようですが、他人の人目が気にならず身内だけでじっくりと故人と向き合え、最期のお別れをすることができます。そのためかえってアットホームで思い出深い葬式にすることができます。また祭壇の花や棺などは何ら一般葬のものと遜色ありません。家族葬の相場は50万円以下と言われており、生前自分で捻出し事前に納めておくこともできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *