家族葬とその料金はどんなものか

家族葬とは家族などの近親者のみだけで葬儀を行うことです。

家族近親者以外の方の弔問客の参列は拒否されています。とはいいつつも、家族とはどの範囲までのことを言うのか、故人の兄弟は家族に含まれるのかどうなのか、そういった細かいところまで相談しておかなければいけません。また参列の拒否しますが、香典や供花・供物などの受け入れはどうするのかというところもきちんと話し合いましょう。近親者の話し合いによって理解をしあわなければいけません。そしてもしも、香典や供花・供物の受け入れも拒否するという場合は、その旨を記載した文書を用意しておきます。家族層の料金ですが、各葬儀会社によってそれぞれもちろん価格は違ってきます。

そのためまずはどんな価格、どんな内容になるのかを明確に見積もりとして出してもらいます。家族葬パックという料金プランを用いて価格を安く設定してくださる会社もありますが、それは実費以外に後々料金の発生があるのかもしれません。きちんとした明細を提示してもらい、その上でその金額よりもなにかあったときのためということで多めに費用を用意しておくことがポイントです。会社によっては注意書きとして追加費用はありません、ありますなど書いていてくれているのでとても助かります。さらに追加費用について詳しく記載されている会社もありますので、じっくりどこの会社にするのか検討するといいでしょう。家族葬について事細かに説明、記載されている会社の方が相談しやすいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *