葬式にかかる料金はどのくらいか

葬式は突然行われることが多いため、料金はいくらかかるのか相場はどのくらいなのかなど不安がつきまといます。また、火葬費としてどのくらいかかるか、書類の提出はどのようにしたらよいか、日にちなど日程はどうしたらよいかなど悩むことが多く、葬儀を行う際には葬儀会社を活用して行うのが一般的になっています。なお、葬儀費用は主に葬式の規模により料金が異なります。料金の内訳としてはまず、葬儀会社に払う、会場類な葬式一式の料金、寺院などにお経をあげてもらう際の僧侶への謝礼、お斎などでふるまわれる料理などの飲食代です。

飲食代に関しては一式の中に含まれていることもありますが、基本的なもののみ含まれていることが多いため、飲食代は別にかかると考えておいた方が良いでしょう。葬式はこの他、香典返しや会葬御礼の品を用意します。地域にもよりますが、香典返しは葬式の時に渡さず落ち着くころである四十九日以降に渡すことがあります。ですが、香典返しの分も費用として考えておくと戸惑うことはなくなります。

料金に関してはどのような式にするかで費用の差がうまれます。一般的な葬儀の場合、いただく香典で葬儀費用を賄うことができるため、個人としての負担は少なくなります。ですが、家族式や一日葬のように、家族や親しい方のみで行う場合はいただく香典の数が少ないため、自己負担が増すことがあります。どのような式にするかによって費用も異なってきます。

自分だけで考えずに親戚との打ち合わせも十分行うとトラブルになることが少なくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *