葬式の内容や料金に満足するために必要なこと

人生におけるセレモニーはたくさんありますが、その中でも葬式はその人の人生を締めくくる最後のものです。結婚式などのイベントは前もって予定したりできるので計画したり調べたりということをする人が多いのですが、葬式は年齢や病気などである程度予測出来たしても予定通りとはいきません。心身が疲労していたり混乱の中で業者や周りの言うがままにしてしまったり満足のいく葬式にならなかったり予想外の料金がかかってしまったという話を聞かれた方もいるでしょう。その対策として終活ノートなどに自分の希望する葬儀について明記し家族と相談したり事前に葬儀社と内容や料金についてプランを決めておくとことが行わるようになってきました。

満足する葬式を選ぶためには自分の求めるイメージを作ることが大切です。過去の経験の中でよいと感じたものを取り入れたりしてイメージをすると内容が決まってきます。参列者を想像してみると葬式会場や規模などが決まってきます。そして、優先順位を明確にしておくと取捨選択がスムーズになり、自然とプランや料金が具体的に決まってきます。

料金は内容や規模の違い地域差などもありますが、首都圏での平均は120万円から180万円程度であると言われています。最近は家族葬や一日葬などの選択肢も増え、格安葬儀プランなどを謳ったものも多く出てきました。経費節約を求める人には支持されています。現在の選択肢の多様性は満足するためには喜ばしいことですが、一方では突然の訃報に見舞われた遺族にとっては短期間で決断することが膨大にあるということになってしまいます。

その結果、故人の意向がわからなかった、もしくは希望に添えなかったという後悔や、料金が不明瞭であったまたは追加請求されたなどといった金銭トラブルなどにもなりかねません。選択肢の多い現在、満足するために事前の調査や準備や相談こそが必要となってくるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *