社葬などのお葬式の料金などについて

社葬や団体葬というお葬式には幾つかの形式があります。一つ目は故人と親しい親族だけで密葬を執り行い、日を改めて告知や案内を出して本葬のお葬式を執り行う形式です。もう一つは合同葬形式といい、遺族と故人が所属している企業、または幾つかの企業同士が葬儀にかかる料金と運営責任を負担してお葬式を行う形式になります。そして、お別れ会は宗教的な要素を取り除いたセレモニーを行う形式になります。

お別れ会は、遺族が集まって密葬を執り行った後に、大きなホテルなどの会場を使って行います。お別れ会は、自由な式次第で行うことが可能です。故人を偲び、故人と親しかった方たちが交流する場を設ける意味合いがあり、献花や弔辞などが披露され、故人が所属していた企業がプレゼンを行う機会としての意味もあるので、たくさんの人を接客できるホテルで行われるお別れ会は多くなっていく傾向にあります。近頃は、密葬にかかる料金も企業が支払うことが多くなっていますが、全部を取り仕切って行われる社葬を行う企業は、大企業であることがほとんどで、多くの中小企業では遺族と話し合って料金の負担先を決める合同葬で執り行われます。

合同葬は遺族と故人が所属していた会社が合同で催しますが、幾つかの会社が合同で執り行うこともあります。社葬や団体葬と比較すると、合同葬が執り行われるまでには時間がないので、限られた期間で故人と親しかった人や関連企業に連絡を入れたりといった複雑な運営を行うことが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *