家族葬というお葬式にかかる料金

近頃の日本は、医療の進歩で高齢化が進む一方で、少子化対策の立ち遅れにより、核家族化が進むことにより、お葬式にお招きできる方が少ないということもあって、首都圏を中心にして家族葬というお葬式のプランを選ぶ人が多くなっています。家族葬は、故人の遺族や親戚、故人とごく親しくしてい方たちのみで行われるお葬式のことです。家族葬のプランが選ばれている理由は色々あり、葬儀にかかる料金を極力抑えてお葬式をあげたい場合や、故人と親しい身内のみで静かにお葬式をあげたい場合、高齢になってから故人が亡くなったため参列できる方が少ない場合、故人が生前に自分の葬儀は家族葬の形式で行なって欲しいという希望をしていた場合などがあります。家族葬のメリットは、参列する方を絞り込むことによって身内のみで、ゆっくりとした落ち着いている葬儀を執り行うことができるということが挙げられます。

家族葬では、参列する人に対する気遣いを左程しなくて済むために、精神的な負担が軽くなり、故人を偲ぶ時間をじっくり過ごすことができます。また、葬儀にかかる料金のことでいうと家族葬は少ない人数で執り行われる葬儀となるため、広いセレモニーホールを用意する必要がなく、そのために、予算を見積もりやすく、なおかつ追加料金が出にくいため、参列する人に振る舞われるお食事やお香典の返礼品などといった参列者をもてなすための料金を抑えることができます。そのため、経済的な余裕がない遺族にとっても家族葬はありがたいプランです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *